Home > トップページ

認知症対応型共同生活介護保険施設

グループホームは、認知症によって自立した生活が困難になった方々
に対して、安心と尊厳のある生活を営むことを支援するためのものです。

家事をしたり、趣味を楽しんだり、談笑したり、ごくありふれた日常の暮らしの中での介護は「生活のパートナー」としての意識づけのもと、「見守りケア」をしています。

代表者挨拶

グループホームと一言で申しましても、それぞれ、特徴があり、入居者様が、自分に合った施設を選べることがその後の幸せな生活につながることと思います。みどりは、昔の大家族の良いところを取り入れ入居者様、そのご家族様、みどりのスタッフ、全員が大きな一つの家族となり、助け合い、補い合い、日々の生活を生き生きと、楽しいものにし、認知症でもちっとも困ることなく過ごせることを、皆様に理解していただけるよう、オープンな施設を目指しております。

人として、喜怒哀楽を自然に表現し、これまでに培った多くの知識を少しでも発揮し、人の役に立つこと、必要とされていることを実感できるよう、支援していきたいと思っております。

この大家族で、自分たちに合った施設は、これでいいのか、常に考え修正しながら柔軟に変化していけるようにと考えております。

「グループホームみどり」基本理念

1.ご家族様や地域との係わりを大切にし、愛されるグループホームを目指します。
2.その人らしく、生きがいをもって生活を送って頂けるように支援していきます。
3.博く学び、篤く志し、「みどり」と共に成長していきます。
4.入居者様、家族様、職員が一つの大家族として、助け合って豊かな日々を過ごす事を目指します。

協力機関

加藤病院 介護老人保健施設 やすらぎの森

アクセス


大きな地図で見る

Home > トップページ

メタ情報

Return to page top